スマイルミッション始動 宇宙へ笑顔を届けようお問い合わせ国際総合企画トップ


これまでのスマイルミッション

第1回スマイルミッションは、2011年に関東地方の幼稚園・保育園で撮影した写真を、2011年7月8日にスペースシャトル・アトランティス号で打ち上げました。
これは、約30年間宇宙への往復を繰り返したスペースシャトルの、記念すべき最後のフライトでした。
第1回参加園

第2回スマイルミッションは、対象地域をさらに広げ、関東地方のほか、岐阜県、愛知県、鹿児島県などの合計218の幼稚園・保育園で撮影した写真と、子どもたちが描いたメッセージや絵を、2012年7月21日に鹿児島県の種子島宇宙センターから補給機『こうのとり(HTV)3号機』に搭載し、H-ⅡBロケットで打ち上げました。
第2回参加園

第3回スマイルミッションは、2013年8月4日に打ち上げられ、全国の約17万人の子ども達が参加しました。
2013年11月~2014年5月には、若田宇宙飛行士と一緒に飛んでいました(2014年3~5月には日本人初のISS船長でした。)
第3回参加園

第4回スマイルミッションは、全国960の幼稚園や保育園、小学校の合計約13万人の子ども達が参加してくれました。これまで写真は「きぼう」搭載後、燃えて星となっていましたが、今回、約1か月間宇宙に滞在した笑顔写真データと手書きしてもらった「スマイル切符」、ポピー(ひなげし)の種子は、再び地球へ帰還してきました。
また、国際宇宙ステーション内で漂っている様子を、宇宙飛行士が撮影してくれました。

第4回参加園

第5回スマイルミッションも、全国からたくさんの子どもたちに参加いただき、第1回からの累計が2800校/園近く、約70万人となりました。アトラスVロケットで打ち上げられた笑顔写真データと手書きのスペーストラベルプレミアムパス、アサガオの種子は、約1か月宇宙に滞在したのち、シグナス補給船で地球に帰還しました。ステーション滞在中には、宇宙飛行士がスペースプレミアムパスを印刷したミッションポスターなどを取り出し、地球をバックに動画を撮影してくれました。

第5回参加園

第6回スマイルミッションは、514校/園が参加、6回の累計が3282校・園になりました。写真データ、「朝顔」「菜の花」「コスモス」の3種類の花の種子を、ファルコン9ロケット、ドラゴン補給船で打ち上げました。
今回は「スマイルミッション2015」の参加者が育てた宇宙朝顔から採れた「宇宙朝顔2世」の種子も搭載しました。

第6回参加園

第1回の打ち上げ

スペースシャトル・アトランティス号

アトランティス号最後の打ち上げの様子(2011年7月9日)

写真提供 NASA

第2回の打ち上げ

H-2Bロケット

種子島宇宙センターから発射されたH−ⅡBロケットの様子
(2012年7月21日)

写真提供 ラグランジェ

第3回の打ち上げ

H-2Bロケット

種子島宇宙センターから発射されたH−ⅡBロケットの様子
(2013年8月4日)

写真提供 JAXA

第4回の打ち上げ

第四回の打ち上げ

アメリカ、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地から発射されたファルコン9ロケット
(2015年1月10日)

写真提供 NASA

第5回の打ち上げ

ケープカナベラル空軍基地から発射されたアトラスVロケット
(2016年3月23日)

写真提供 NASA・NanoRacks

第6回の打ち上げ

ケネディ宇宙センターから発射されたファルコンロケット
(2017年6月4日)

写真提供 NASA

第1回打ち上げ証明書
第2回打ち上げ証明書
第3回打ち上げ証明書
第4回打ち上げ証明書
第5回打ち上げ証明書
第6回打ち上げ証明書
帰還後、参加校・園にはこの証明書と宇宙旅行をした花の種をお届けしました。